心づくしの料理を盛る 有田焼 心づくしの料理を盛る 有田焼
飯椀・湯呑・マグカップ・急須といった日常の器
から、草山窯・山口洋一など新作を中心とした
クニエダセレクション、お得なジャストプライスの
シリーズを販売いたします。
弊社社員が駐在しておりますのでお越しの際は
お気軽に声をかけてください。
お料理を目でもお楽しみ頂けます様、器選びに
配慮し、お届けいたしました。




株式会社 まるぶん    http://www.marubun-arita.co.jp/
郷土の伝統焼 伊賀焼
皆様をお迎えする
玄関照明を担当
いたしました。
郷土の伝統焼 伊賀焼
伊賀焼の発祥は、今から1300年前、遠く天平
年間に伊勢神宮の神瓶を造るため、
丸柱村寺谷(現 伊賀市丸桂)の地に窯を
興したのが始まりで、利休をはじめ小堀遠州、
古田織部など当時の風流人に愛用され、
数多くの名品が誕生しました。
長谷園は1832年(天保3年)に、この地に
築窯して以来、伊賀焼の伝統と技術を今に
伝承しつつ、常に時代を見据えたモノづくりに
専念しております。「日常の器だからこそ、
こだわりたい。作り手は真の使い手であれ!」
という理念をもち、日々精進しております。
長谷園    http://www.igamono.co.jp/
伊賀春慶 伊賀春慶
伊賀春慶のルーツは室町時代に遡り、伊勢神宮
の工匠が御造営の御残材の払い下げを受け、
内職として始めたと伝えられています。
(昭和4年発行「宇治山田市史」より)ゆえに
重箱や膳など檜の板を素材とする箱物が多く、
また木目を生かす透明漆の春慶塗であることも
素朴な生なりを尊ぶ伊勢の気風を現しています。

素朴さと美しい風合いの湯呑み・お盆を揃え
ました。懐かしい気分が伝わります様配慮
いたしました。






伊賀春慶デザイン工房   http://www.ise-shunkei.com/
館内を彩る 食器・ステンドガラス 館内を彩る 食器・ステンドガラス
光を受け、美しい輝きをはなつステンドガラス。玄関ドア・
窓など建築建具用ステンドガラスから小さな小物まで、
生活にあわせたオリジナルをひとつひとつ丁寧いにおつく
りいたします。


陶芸作家 土屋栄 ステンドガラス作家 土谷敦
1984 作陶活動を開始 1976
 -
1985
建築設計事務所勤務
1991 自宅にて
陶芸工房を開始
1986 塁環境設計事務所
設立  現在に至る
2007 建築設計工房
RITZ生活造形室
を開設
1999 櫂工房設立と共に
ステンドグラス
製作開始
2001
 -
現在
金沢市立工業
高校専攻科
建築科講師
   
塁環境設計事務所   http://www.spacelan.ne.jp/~bokurui/
四季の花でお迎え フラワーデザイン 四季の花でお迎え フラワーデザイン
「この青い空を切り取って送ることは出来ないけ
れど花を君に贈ることができる。」
私達は花を通して人と出会い、花をいけることに
よって、世の中に幸福をもたらすことを喜びとし
ます。 花がきれいなこと、人生に花があること。
物語のフェーズに「花が在ること」を想い描いて
います。
当ホテルのお客様が優しい気持ちに
なれます様、心を込めてアレンジいたします。

Maniera Fiorista マニエラ花店   http://www.maniera.jp/
伊勢の伝統工芸 松阪木綿
館内のインフォメーション・アメニティグッズ等を担当いたしました。
伊勢の伝統工芸 松阪木綿
学生時代に染色技術過程を終了しまして、以降、
ローケツ染めの染画を製作。
その延長線上にローケツ染で仕上がった小ぶりな
作画を表紙にと装丁をはじめ、口コミのみで、
布張りノート・メモ帳・同じくバインダーと布に
携わった手作業をしてきた。
紙屋に勤務のち、裏打ち、製本技術を、独学にて
習得。
お好みの布を送っていただければ、メモ帳、
バインダー、ノートなどの加工を施します。

牧野沙保理